沖縄移住が成功する人・失敗する人【失敗したくない方へ】

沖縄移住したいけど、移住してやっていけるのか心配です。

憧れはあるけど踏み込めないなぁ・・・

沖縄移住したい気持ちはあるんですが、移住者さんからみて成功する自信がありません


沖縄移住に関してこのような質問を結構いただきます。

家族6名で7年前に沖縄に移住した僕が疑問にお答えしようと思います。


▼沖縄移住に関する僕の失敗や成功の経験談は▼

沖縄移住するには覚悟と勝算がないと厳しい

ちょっと厳しいお話になるかもしれませんがこれが結構重要です。

沖縄に移住するぞと「決める」ことが重要です。

どうやって決めたかというと、何度か沖縄に行きました。
そして、「どうして沖縄に行きたいのか」という自分なりの疑問を具体的にしました。

実際、都会で消耗していた系の人間だったのでとにかく東京から離れたい静かな暮らしがしたい沖縄に行くしかない!・・・くらいに思っていました。(安易に思っていたところもあります)

なので、沖縄に下見に行き、そこでしっかり決めよう!と考えました。
そして、、帰る頃には気持ちが固まっていました。

移住してやっていける勝算(収入など)がないと厳しい

僕が沖縄移住に成功している理由は一つ結論として、当時フリーランスとして働いていて全国どこでも仕事ができる状態だったからです。

定期的な案件が入ってくる見込みを関東にいる時に作っていたので、年収はこれくらいになりそう、というざっくりとした計画は立てることができました。

このように、安定とまでは行かなくても最低限の収入の確保ができている状態であれば移住して、生活していく事はできます。

それがないと、ただただ不安な毎日を過ごすことになります。

そうならないように、収入や仕事の目処を先に立てておく事をおすすめします。

家族の理解が最も必要です。

単身の移住であれば、1ヶ月だけ、半年、2年、などなど体験的に移住できますが、パートナーや家族がいる場合はしっかり話し合って、

・どんなことがしたいか
・どんな風に生きていきたいか

など、語りあい、わかり合う必要があります。

移住後に離婚なんて話もよく聞きます。(これマジ・・・)

パートナーとは引っ越しの計画からしっかり話し合いを持つのがベストです。

いまいち想像がつかないこともありますが、このようなブログやYouTubeなど、たくさんの事例が転がっていますのでありますので、お互いにシェアしながら、想像と計画を膨らませるのが良いのかなと思います

やっぱり沖縄移住は結構ハードル高いのかも?

隣の県に引っ越しするのと一緒です。そのくらいの事ではありますが、海を渡って物を運んで、、という大きな作業があります。

また、その土地でどんな仕事があるのか、その街にはどんなスーパーなどがあるのかなど、しっかり調べ、計画立てて行動すれば、誰でも沖縄へ移住はできると思います。

僕は沖縄移住を思い立ってから、3度沖縄に来ております、1度目は単身で

2度目は家族をつけて遊びに来ました。3度目は物件を探しに来ました。

このように段階を経て計画的進めました。


▼沖縄移住する時にかかった費用などを大公開しています▼

沖縄移住ができる人、できない人

できる人かできない人か、やってもいないのに区別してしまうのはどうかな・・・と思いますが、今まで見てきた方のエピソードなんかも交えて解説します

急な変化や環境に適応できそうな人

よくこんな質問をされます。

沖縄に永住するんですか?

NARU

そんな風には考えてないですよ、また面白そうな場所に行けそうなら行こうと思います。

どんなに入念に計画を立てていても、ちょっとした綻びが徐々に大きくなることがあるように、完璧に計画していてもうまく行かないことって結構ありますよね、

そんな時にひつようなのって「余白」だったりしませんか余白部分も計画に入れておけば、意外と乗り切れちゃったりします。

「余白」ってなんなのか?って疑問が出てきますが、簡単に言うと[]とか[何もない時間]とか[余裕]ですかね、要は考える時間という感じです。

「なかなか「余白」って持てなくないですか?」そう思いますがテレビを見ないだとか、あえてスマホを見ない、などなど、自分で余白を作りに行く事が大事だなぁとつくづく思っています。

自分に無意識(思考停止状態)の時に入ってくる情報を捨てて、暇な時間を作っておくと、その時間に新しい事を考える時間「余白」が生まれますので

自分の時間を消費している事柄を削除しちゃうのもおすすめです。

ごめんなさい、ちょっと脱線しました・・・

心や財布にゆとりがある人 は移住確率上がります

沖縄に移住すると、ちょくちょくこのような心にゆとりがあり、お金を持っていそうな方と出会います。

「どうやって生活してるんですか?」と聞くと、「投資とか〜 株とか〜」
「事業を何個かやっていて〜」みたいなそっち側の世界の人達が結構ゴロゴロいます
そんな人になりたいw

沖縄でおしゃれカフェを運営していたり、輸入系のお仕事をしていたりする方がいます。

そんな方々は、基本的にゆとりがありますよね。

できる限り沖縄移住する前に、貯えがある状態を作りつつ、自分のビジネスがあると成功率は上がっていきそうですよね。

とはいえ、当の僕はまるで貯金もない状態から沖縄移住したので、移住が全く無理なわけではないと思います。(実体験)

失敗する人の特徴① なんとなく沖縄に来ちゃった系

なんとなく、「楽しそうだから引っ越してきました〜名護に!」実際に出会った方でこんな感じの夫婦がいました。

(名護とは沖縄の北部の方で、那覇から来るまで一時間以上かかる場所です)

とても仲の良い夫婦で楽しく沖縄で暮らしていましたが、住む場所や仕事を転々としたのち関東に戻っていきました。

特に理由もなく沖縄移住してしまうと、もしかするとあまり長続きしないのかもしれませんね。



失敗する人の特徴② 夢を見まくってリゾートを妄想

これは僕のタイプです。南国沖縄を夢もて沖縄に突撃しちゃった系です。

というのも、仕事はどこでもできる状態にしていたのですが、マインドまではコントロールできていませんでした。

「沖縄に来たら解決する」とか「沖縄に来たら上手くいく」とか
「ゆっくりゆとりのある生活ができる」とか生ぬるい考えはおおいにありました・・・

そのため、移住してから2年ほどの間、ずっとホームシックでした。

東京に帰りたくて仕方がなく、年に3回位、東京に行ってました。

全然、ゆとりある生活はできないし、リモートワークがまだあまり認知されていない頃だったため、自宅での作業もなかなか進まなく、カフェに行きたくても僕が住んでいた場所からスターバックスまで車まで30分ほどかかる場所だったり・・・なんだか手詰まり状態でした。

ずっと暖かいと思っていたけど、ちゃんと冬が来て、寒くなったりw

思っていた以上に晴れている日は少なかったり、家族とコンビニの店員さんだけとしか会話をしない日々が続き、

キレイな海や無人島の眺めや山の景色などを見ると本当に嫌気がさすそんな日々が実際にありました。

奥さんに「やっぱり東京もどらない?」と相談したこともありましたがすでに、奥さんや子どもたちは、この環境に順応していて、「いまさら」感が半端じゃなかったことを覚えています。

もちろん、喧嘩もしましたねぇ・・・

夢だけではなかなか成功しないようです。

僕は移住後2年ほどかかった後に軌道修正しなんとかいい感じに持っていけましたが、このように、挫折し沖縄から撤退する方も多いと思います。


▼沖縄移住してよかったと思う事をまとめています▼

沖縄移住を成功させる為にどうしたらいいか

より具体的に解説いたします。

沖縄移住を成功させるポイント①仕事を決めておくこと

沖縄に来てから仕事を探すとなると結構大変です、というのもご自身で肌感覚として、こんな仕事ならできるとか、これはできない、時給はいくらくらいがベストか? 等を予めリサーチしておく必要があります。

移住してからだと仕事を探しがとっても不便だからです。

すぐに車を買って(本土から車を持ってこれるなら別)とうまく行けばいいのですが、車を買うのも一苦労ですし、家財道具なども揃えるのも一苦労です。

すべて通販で取り寄せたら良い!と思いますが、到着に一週間かかったりしますのでかなり不便です。

予め、ご自分で完結する仕事を持っておくとすごく良いと思います。
たとえば、クラウドソーシングなら、在宅でいくらでも仕事ができますし

ご自分に何かスキルがあれば、スキルを販売する事だっていくらでもできます。
例えば、文章をかけるのであればWEBライターなど、動画の編集などのスキルがあると今の時代は食べていけそうです。

参考»ココナラで自分のスキルを高く売ろう

実際僕はココナラでお仕事を依頼したりしております。まずは登録して始めてみてください。お仕事できると思います。

とはいっても、なかなかそんなスキルありません、、という方は
沖縄の求人サイト、ルーキーなどで検索しておいて、沖縄に来た時にエントリーしてみるのもありです。

沖縄移住を成功させるポイント②コミュニティー入ること

先程在宅ワークをおすすめしましたが、やっぱり地元(沖縄)で働くのも、かなりおすすめです。
なぜなら、コミュニティに入ることができるからです。

コミュニケーション不足は本当に病んでしまいます、その土地のコミュニティーに軽く浸かってみる事をおすすめします。

お子さんがいるのであれば、子育てサロンとかもいいですし、子どもの学校行事に参加したりPTAに参加することも大切だと思います。

地域によっては、字(あざ)に入れてもらえる所もあるかもしれません、そうすれば、「子ども会」的な所に参加できるようになりますしそのうちもしかすると、エイサーなど沖縄ならではの習慣に子どもが参加できるようになるかもしれません。

単身の方なら、沖縄ならではの習い事(三線・サーフィン・SUPヨガなどなど)やサークルもたくさんあると思います。

お気に入りのカフェ(自営業的な)を利用するのもいいと思います。
何かしらで、沖縄のコミュニティーに入る事をおすすめします。

コミュニティーに入ると良いことがいろいろありますネットには載ってない一次情報に触れる事ができます。

例えば、

車の維持が本当に大変な沖縄ですが、車屋さんを紹介してくれる様な方とお友達になれると、知り合い価格で見てもらうことができたりします。

人間関係でお仕事を紹介してもらえたり、おすそ分けで野菜や果物を頂いたり、いろいろと新しい体験があります。

沖縄は「○○の知り合いね? だったらいいよ」って事がよくあります。
「うちの親戚の友達なの? 」ってところから一気に信頼度あがります。

これは沖縄だけではないのですが、その土地で生きていく上ではかなり重要なポジション取りだったりしますので、できることなら、ガッツリとコミュニティーに入ってみるのもよいのかなと思います。

もちろん、デメリットもあると思いますが・・・まずは、その土地に順応することが大切かなと思います。

沖縄移住を成功させるポイント③ 沖縄好きな方が良い

好きじゃない場所に移住する人はなかなかいないですよね。でも僕みたいに好きでも嫌いになってしまう時期があったりしますがそれを折込んでも「沖縄ってやっぱいいよね」って思えるかどうかは結構大切なポイントです。

沖縄の文化とか、空気感とか、良いところとか、悪い所もひっくるめて
沖縄で生活したいと思えるか。

例えばこんな事もあります。

本土から来た人の事を「ナイチャー」と呼びますが、悪意をもって「ナイチャー」というわけではないと思います。

中には「どうせナイチャーがやる事でしょ」という言い方でちょっとネガティブな事を言う方もいるかも知れません、普通の沖縄の方々は特に悪意なく(たぶんw)「君ナイチャーね?」とか、寒い日に「そんな厚着するのナイチャーなのに」みたいな会話よく言われますw 

僕はそこらへん何一つ気にしないようにしています。

「なんだ、大阪のひとか!」とか「だから千葉の人は・・・」、みたいな会話って本土ではあまりないと思う(そう思ってる)けど・・・そのような事も折り込み済みで、

沖縄を好きかどうかって事が移住を成功させる鍵になるかもしれません。

これを読まれている方は、沖縄移住に興味がある方だと思います。

いろいろな意見があると思いますが、情報収集して、沖縄に移住し沖縄LIFEが楽しめるといいなと願ってます。


▼沖縄移住して感じた本当のことを書かせて頂きました▼