【アポガマ】恩納村はやっぱりサンゴの村だった 天然ビーチ/シュノーケル

沖縄恩納村には アポガマ という秘境があります。

ビーチクリーンなどで何度か遊びに行ったことはあったのですが、先日、初めて泳ぎに行ってきました!

結論から言うと、最高でした!

恩納村 アポガマ やっぱりサンゴの村だった

そんなアポガマの生き方と注意点をご紹介します。


アポガマの行き方

場所はちょっと複雑です。
万座毛入口の交差点から、万座毛方面に坂を上り、「国立研究開発法人 情報通信研究機構」入口を曲がり、
「国立研究開発法人 情報通信研究機構」を目指してサトウキビ畑を進み、「国立研究開発法人 情報通信研究機構」の裏手にポイントがあります。

↑入り口はこんなかんじです。

アポガマってどんなところ

干潮だとサンゴにぶつかるので結構危険だったりします。

歩く道がないくらいサンゴのテーブルだからです。


少し海に入るだけでサンゴがあります。

今のところ、駐車場もなければ、トイレもシャワーもありませんので、みなさんでキレイに保ちましょう

近くに大型ホテルが建つ予定みたいなので、そうなるとアポガマも変わっていくかもしれませんね。


アポガマ シュノーケリング

シュノーケルできます!

シュノーケリングやダイビングスポットになっているようです。

10mほど沖に出るだけで、一面サンゴ状態です。

干潮の時はお勧めしません、水がなさすぎてサンゴにぶつかってしまいます。

そのくらいサンゴが近くに見えます。



アポガマ ビーチとかあるの?

ビーチという感じにはなっていません。監視の方もいません。。

アポガマでの注意点

天然のエリアで何もありません、

クラゲネットも監視員もいないので、経験者の方と来るのをお勧めします。

ライフジャケットなども着用も徹底してください。
水難事故もある場所なので、非常に注意が必要な場所です!
安全に楽しんでください。

単独でのシューノケルは危険と隣り合わせです。ガイドさんに引率してもらいながら安全に海を楽しみましょう。
ツアーの探し方はこちらのページを参考にして下さい。→シュノーケルツアー

アポガマ びっくり!!シュノーケルで亀さんに遭遇

二度目にアポガマに入った時は

なんと、亀さんを見る事が出来ました!!

最高のひと時でした。


アポガマ まとめ

2024年頃から、恩納村のアポガマがある恩納地区はリゾート開発が行われるそうなので、

どのようになるのかはわかりませんが、変わってしまう前に一度は入りたい海ですよね。




参考▶︎ 旅をするなら楽天トラベルがお得です

(Visited 23 times, 1 visits today)